フルクラムホイールの後悔しない選び方


ホイールはそれぞれの特徴があります。


高速巡航だったり、峠を上ったりですね。

いくつものホイールを使い分けらる事が出来れば
それでいいのですが、なかなかそうもいきませんよね。


まず、1つ選ぶのであれば、下記の2点はハッキリとさせておいてください。


・予算
・用途


予算は言わずもがな・・・ですね(^_^)


では、次の用途に合わせたホイール選びを簡単に説明しますね。
 

初心者にも分かる!フルクラムホイールの選び方


フルクラムのホイールイを大きく分けますと下記の
3つに分けられます。

1、巡行速度維持型(スピード、レッドウインド、レーシングクアトロ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

平地を主に走行し、加減速の少ない高速巡行、
センチュリーライドやエンデューロに適したホイールですね。

「ロングライドで後半、バテバテになる・・・」

という方なら巡行の維持できるこのタイプがおススメです(^_-)-☆


リムハイトがあり、見た目重視な方(結構多い)にも
人気のモデルです。

スピードやレーシングクアトロなどがあたります。


ただ、横風の影響を受けやすい事もあります。


最近人気の40ミリのリムハイトモデルであれば、
オールラウンドに使う事ができますよ。





スピード40

2、峠、ヒルクライム大好き!(レーシング、レーシングライト)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アルミリムからカーボンリム、クリンチャー、チューブラーと幅広いラインナップが
あります。

フルクラムのアルミリムと言えば、定番中の定番レーシングゼロ
などのローハイトのリムがあたります。

カーボンモデルなどは、非常に軽く、
「山が好き!」な方にはおススメです。

踏み込み時の反応の良さは、乗っていて楽しくなります(^_^)

チューブラーは軽くてレースなどでは優れていますが、
通常に使うのであれば、クリンチャーモデルの方が無難です。


レーシングゼロ

3、練習からローラーで使いまくりたい(レーシング3〜7)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

通勤ライド、ローラー、日常の練習で使いまくりたい。

という方であれば、アルミのレーシング3〜7が
おススメです。

重さもあるので、普段使いでみっちり練習して
レースでは、軽量カーボンの決戦用を
履けば、背中に羽が生えたかのように走れるでしょう(^_-)-☆


レーシング3

始めての方にホイールを一つ選ぶとすれば?


いくらおススメでも見た目はやっぱり大事ですよね。

そんな方には、やはり40ミリのリムハイトが
おススメです。

ディープリムでありながら、山もこなせるホイールです。



レーシングクアトロカーボン


もし迷われたら、用途や希望などご連絡頂ければ
アドバイスさせて頂きます。

お気軽にご連絡くださいませ(^_-)-☆